三峰山1235m

      奈良県宇陀郡御杖村   ROUTE 

      西名阪自動車道から国道25号線を通り、針から369号線に入りみつえ青少年旅行村へ。

      2011/1/29 晴れ      MAP 

      コースタイム 登り 登山口‐(25分)‐トイレ‐(60分)‐避難小屋‐(25分)‐山頂             合計 1時間50分
               下り 山頂‐(10分)‐八丁平‐(60分)‐新道峠‐(30分)‐登山口‐(30分)‐青少年旅行村
                                                                 合計 2時間10分 

      山仲間6人で三峰山(みうねやま)へ行ってきた。
      先週に引き続き、今週も奈良の霧氷ハイキングである。

      三峰山登山口のみつえ青少年旅行村までの道は、スタッドレスタイヤなら問題ないと聞いたので今回は車で出発。
      朝5時30分に高砂を出発して、旅行村駐車場に到着したのは9時。3時間半かかっていた。
      到着すると駐車場はほぼ満車状態。さすがに人気の山だ。

      9時20分:不動の滝ルートを登ることにして出発。  
   
      雪をかぶった舗装路を約25分歩いて、冬季使用禁止のトイレ前に到着し、ここでアイゼンを装着。  
   
      ここから登山道に入る。  
   
      歩き始めるとすぐに不動の滝。周囲を雪に覆われた滝はなかなか風情がある。
      滝を過ぎると杉林の急登の道になる。   
   
      標高が高くなるにつれて樹々が白くなっていく。すらりとした針葉樹を覆う霧氷もなかなか見ごたえがある。  
   
      1時5分:登尾ルートとの合流地点にある避難小屋に到着。少し早いがここで昼食休憩。
      11時40分:味噌汁で冷えた体を温めて出発。見事な霧氷のトンネルをくぐりながら登っていく。  
   
      先行グループが見惚れて足が止まるのでたちまち渋滞。たしかに素晴らしさに見惚れてしまう。 
   
      尾根に上がると日差しのためか霧氷は少し薄くなる。 
   
      12時5分:大勢の人で賑わう山頂に到着。   
   
      北側に展望が開け、御杖村とその向こうに見える倶留尊山は三重県の山らしい。  
 
      少し南へ下って広々とした八丁平へ。  
   
      八丁平から南側には大きく展望が開け、台高山脈が見えるはずだが今日は霞んで見えない。
      12時25分:下山路の新道峠へ向かう。  
   
      少し歩くと、樹々の間から高見山が見えるポイントがあった。 
   
      12時35分:新道ルートに入る。緩やかなアップダウンを繰り返しながら、霧氷の尾根道は続く。 
   
      13時20分:新道峠に到着し、ここから右折して下っていく。  
   
      少し下ると樹氷は消え、針葉樹の急坂を降りていく。13時50分:登山口に到着。 
   
      ここから林道歩きになるが、雪道なので気持ちがいい。
      ゴールが近づいてきたので一息つくことにして、建物横の陽だまりでしばしティータイム。 
   
      14時50分:ゴール地点の青少年旅行村に到着。   
   
      週間天気予報では曇りの予報だったが、前日に晴れの予報に変わり、そのとおりの天気だった。
      そして、寒波の真っ只中という霧氷日和。
      しかも、2週間ほど雪が降っていないので程よい積雪で歩きやすい。
      避難小屋から新道峠まで霧氷の道を堪能。
      帰りに汗を流した姫石の湯もいい湯だった。
      
      近くにあれば何回でも来たいところである。   
   
  近畿・北陸の山へ