有馬富士374m 

      三田市大原         ROUTE
            
      中国自動車道西宮北インターから国道176号ー県道570号を通って、有馬富士公園駐車場へ。
         (参考:志手原小学校手前の信号を有馬富士方向に曲がると芝生広場横の駐車場に行ける) 

      2011/2/13 晴れ      MAP

      コースタイム 登り 駐車場‐(20分)‐登山口‐(5分)‐芝生広場‐(15分)‐山頂      合計 40分
               下り 山頂‐(20分)‐登山口‐(20分)‐駐車場                 合計 40分

      羽束山から少し西に戻って有馬富士公園駐車場へ。
      第1駐車場は満車で、少し遠い第2駐車場に駐車。
      標高は約220mあるので高低差は約150m。

      2時:公園内を通るし、150m登るだけなので水だけ持って出発。 
   
      広い公園で、駐車場から福島大池まで20分かかった。 
   
      水芭蕉園を通って登山口へ。
      少し歩くと広い駐車場があった。良く調べていればここまで車でこれたのに、と少し悔やむ。 
   
      芝生広場を抜けると階段状の道が出てきたので登っていくと、「フィトンチッドの小道」の標識。
      頂上への最短コースのようなのでここを登る。 
   
      しばらくすると一般道と合流し、次第に急登になる。  
   
      「わんぱく砦」の標識が出てきて、結構岩場の道になった。確かにこういう岩場は腕白坊主が喜びそうなところだ。 
   
      途中で振り向くと、福島大池とその向こうには三田市街地が見渡せられる。  
 
      山頂は東方向に展望が開け、先ほど登った羽束山が近い。  
   
      その右手遠くには六甲山が大きく横たわっている。  
 
      山頂はあまり広くないので早々に下山。  
   
      少し降りたところにある頂上広場でハイキングルート図を見てみると、ルートは千丈寺湖まで続いていて、
      この周辺で半日くらい遊べることが判った。 
 
      芝生広場の駐車場に車を止めれば30分で山頂往復できるが、周辺散策をすれば結構遊べそう。
      自然豊かないいところだと思った。   
   
  2018/4/27
   
   阪神・淡路の山へ