三国岳855m  

      多可郡多可町加美地区    ROUTE

      国道427号を北上し道の駅かみへ。   

      2008/4/21            MAP 

      コースタイム  登り 1時間15分    下り 50分 

      三国岳は、播磨、丹波、但馬の三国境に位置することからつけられた名前らしい。
      兵庫50山に選ばれているが、植樹林の登山道で展望もあまり良くないようなので今まであまり気が進ま
      なかった。
      しかし一度は登っておこうと思い、今日行くことにした。
 
      登山口は「道の駅かみ」の西側に大きな標識があるのですぐ分かった。
      9時半頃登山口近くの駐車地点に到着し、9時45分から登り始める。
      高度計では約300mの地点である。  
   
      始めは杉林の林道歩き。 程よく整備されていて歩きやすい。
   
      10分ぐらいで林道は終わり、沢沿いの杉林を登っていく。 
      約30分で尾根筋になる。今度は桧林が続く。 植樹林の中だが尾根道は結構明るいので救われる。
   
      しばらく歩くと自然林の道になったが、束の間で桧林に戻ってしまった。
      10時45分、標高744mの三国峠に到着。
   
      左側が赤松林になり少し視界が開けて来た。あと一息で頂上だ。 
   
      11時、頂上に到着。 
   
       頂上は東側だけ眺望があり、
      南東方向に竜ヶ岳が見える。
      頂上で1時間ほど過ごしたが、誰も登ってこなかった。
     12時10分に下山開始。
     少し下ったところの木の間から南西に千ケ峰と、
     その西側には段ヶ峰が見えた。 
      
     13時に駐車地点に到着。
     50分で下山した。

     予想したとおりあまり面白い山ではなかったが、
     植樹林の道は整備され、意外と明るく歩きやす
     かった。

     自然林の日が当たる道端にスミレの花が咲いて
     いたのが、唯一春の景色だった。 
  
   
 2016/1/27 
   
  播磨の山へ