石戸山549m  

       丹波市山南町          ROUTE

      国道175号を北上し山南町井原を右折して石龕寺へ。  

       2007/9/12 晴れ        MAP

       コースタイム   登り 1時間30分     下り 1時間 

      ようやく秋の兆しが訪れ、山も木陰に入ると涼しくなてきた。
      暑い時は高御位山に登るのも、成井からの往復が精いっぱい。
      2000m以上の山なら涼しいが、近くの山は暑くて行く気がしなかったが、ようやく他の山に登る気になってきた。
      そこで、まだ登っていない手頃な山を探すと、丹波市山南町にある石戸山が散策気分で登れそうだ。

      ということで登ることにした。

      石戸山は標高549m。足利氏ゆかりの石龕寺(せきがんじ)境内に登山口がある。
      石龕寺は山門の金剛力士像が国の重要文化財の真言宗の寺で、紅葉で名高い。
      三方を山で囲まれた寺院は木々と調和して落ち着いた雰囲気だ。平日でひっそりとしているのもいい。  
   
      駐車場に登山コースを示す看板が立てられている。
      右手から登り、奥の院―頭尖嶽―鉱山跡―石戸山―岩屋山―石龕寺のコースが登りやすそうだ。
      寺院の中から登山道が始まるのはなかなかいい。
      登山口は標高約200m位なので実質350m位の高低差だ。  
   
      20分ほど檜林を登ると、 途中で左手に鉱山跡が見えてくる。  
   
       奥の院は標高約400m位のところにあった。ここで少し休憩。 
   
      奥の院から少し登ると尾根筋になる。尾根筋は照葉樹のトンネルが続き、山歩きの雰囲気が出て気持ちいい。  
   
      20分ぐらいの尾根歩きで鉱山跡に到着。登山道は100mごとに案内表示があり迷うことがなかったが、
      鉱山跡の前が谷になっておりここで道が消えてしまった。10分周辺をうろうろ。
      ようやくここしかないと見定め、下りていくと谷を越える道が現れた。やれやれ。  
   
      15分ほど照葉樹の中を登っていく  
   
     登山口から1時間余りで石戸山頂上に到着。残念ながら眺望は出来ない。  
   
      30分ほど昼食休憩をとり、岩屋山を通って石龕寺への急な道を下りる。
      岩屋山からは麓が眺望できたが、視野は狭い。    
   
     急な下りが続くが、こちらから登るのも面白そうだ。   
   
      1時間弱で石龕寺境内へ到着。建物と自然が調和した素敵な境内だ。   
   
      お寺の境内を通って登り、降りてくるのは気持ちが安らぐ。
      紅葉の季節ならもっと風情があるだろうと思った。   
   
  丹波の山へ