白旗山440m   

       赤穂郡上郡町          ROUTE
              
       国道2号線有年原交差点から国道373号線を約10km北上すると右手に大看板がある。

 

      2008/12/1  晴れ        MAP

      コースタイム  登り 50分      下り40分 

      最近、北方謙三氏の「悪党の裔」を読んだので、兵庫50山の47番目には白旗山440mに登ることに決めていたが、
      秋の色が残っているうちに登ろうと思い立ち、天気もいいので急きょ今日登ることにした。

      赤松円心(則村)が建設した白旗城の山だ。
      小説によると足利高氏側についた円心が新田義貞を迎え撃つために急遽建設した城という。
      蛇足だが、北方謙三のハードボイルドは少し固ゆでで3冊ほど読んで止めたが、歴史小説は実に面白い。
      特に南北朝時代の作品群はいろんな角度からスポットを当てていてぐいぐいと引き込まれてしまう。   
   
      8時40分に家を出発し、9時40分に麓に到着。
      近くに駐車場がないので道路わきに駐車して10時から登り始める。
      猪除けの扉を開けて杉林の林道を登っていく。
   
      10分ほど歩くと白旗城の解説を書いたまだ新しい看板。杉林の薄暗い道を登っていく。 
   
      10時30分:シギ林を抜け、広葉樹林の道になる。標高は約320mまで登ってきたのであと100mだ。
      落ち葉で敷き詰められた明るい紅葉の道は気持ちがいい。いい季節に来たと思う。  
   
      10時50分:頂上に到着。展望は東側だけだが龍野方面の山並みが綺麗に見える。 
   
      他に人の気配はなく、この場所にふさわしい静寂の時間をすごせた。
      11時10分:落ち葉の城跡を散策しながら下山。 
   
      11時50分:同じ位置を戻って駐車地点に到着し、次の目的地へ向かった。 
   
 2016/11/24 
   
  播磨の山へ 
  home