針ノ木岳2821m  

      長野県大町市    ROUTE

      長野自動車道豊科インターから国道147号線で大町市へ行き、県道に入って扇沢まで43km。  

      2006/7/28-7/29 曇り   MAP

      コースタイム  1日目  登山口-(3時間30分)-種池山荘‐(2時間)-新越山荘          合計 5時間30分
               2日目  新越山荘‐(5時間40分)-針ノ木小屋‐(4時間)-登山口        合計 9時間40分 

      山の仲間と針ノ木岳に登ってきた。
      あいにくの天気で展望はほとんどなかったが、瞬間見れた黒部湖が印象的だった。
      針ノ木雪渓は素晴らしかった。

      大町市の扇沢ロッジに前泊。
      前日に見上げると、明日歩く尾根が見えていた。
 
      朝6時半に宿舎を出発し、7時から登頂開始。登山口の標高は1350m。  
   
       山は霧がかかったり、晴れたりの繰り返し。
       晴れた瞬間に写真を写す。
      見えているのは岩小屋沢岳か? 
       ちょうど尾根の雲が晴れた。
      小さく見えるのは種池山荘か?
   
      柏原新道はよく整備され、急登もなく
      1100mの高低差が苦にならない。 
なだらかな道を快調に進む。  
   
      10時:小さな雪渓を横切る。        10時30分:種池山荘に到着。 
   
      11時30分:新越山荘に向けて出発。 
   
      キヌガサソウが目についた。         雷鳥がすぐ目の前に。
   
       時折雲が晴れると景色が判る。        小さなピークのアップダウンを繰り返す。 
   
       13時に岩小屋沢岳2630mに到着。        ここを下れば新越山荘だ。 
   
       13時30分:新越山荘に到着。      夜、雨がよく降ったが、朝には小降りになっていた。
   
       2日目は、朝5時に新越山荘を出発。    
      まず鳴沢岳2641mに向かって登っていく。
      5時50分:鳴沢岳に到着。
   
      ガレ場のアップダウンが続く。
      針ノ木岳までの3つのピーク越えは結構きつい。 
      6時40分:赤沢岳に到着。
   
       展望のない縦走路をひたすら歩いていく。   
   
      8時:一瞬雲が切れ眼下に黒部湖が現れた。       8時10分:スバリ岳の手前で針ノ木雪渓が見えた。
     予想以上の急傾斜だ。 
   
      スバリ岳に向かう尾根にはいろんな花が咲いていた。 
シャクナゲ
 
 ゴゼンタチバナ
イワキキョウ
 
コマクサ
 
       尾根歩きが続く。         9時:スバリ岳に到着。 
   
       岩場を通る。  
   
       10時:針ノ木岳に到着。  
   
      10時40分:針ノ木雪渓に到着。        針ノ木小屋で1000円のラーメンを食べ、
     11時40分、いよいよハイライトの雪渓下り。
   
      急傾斜を慎重に下りる。  
   
      後で知ったが、我々が通った30分後に落石事故があり1人なくなったという。 
   
   
      15時40分:ようやく登山口に下山。
     よく歩いた2日間だったが、それだけに印象深い。
 
   
  北アルプスへ