武奈ヶ岳1214m  

       滋賀県大津市           ROUTE

      名神高速道路京都東インターから国道161号線(湖西道路)志賀バイパス終点を左に上がる 

       2008/11/26  晴れ        MAP

      コースタイム   登り 3時間30分   下り 3時間30分 

      今日は山の仲間と3人で滋賀県の武奈ヶ岳1214mに登ってきた。
      紅葉の季節も終盤だが、少しは残っている11月中に登ろうと計画していた。
      当初24日を予定していたが雨のため順延。
      今日は天気が回復しそうなので急遽出発した。

      高砂を朝5時半に出発したが、
      名神高速京都東インターから滋賀バイパス終点すぐのイン谷口登山口に到着したのは8時半。
      標高は約300m地点なので、標高差は約900m。少しハードな行程だ。
      準備を整え、9時に登頂開始。
      10分ほど歩くと駐車場があり、車が5台止まっていた。10分ほど損をした。  

      
      紅葉のトンネルの道を登り始める。
      山裾の木々も黄色く色づいている。いい感じだ。
      20分ほどで大山口の分岐点。右手に曲がり北比良峠を通るダケ道のルートをとる。    
      
     しばらくは黄色い葉をつけていたミズナラ林は、標高700mを超えると冬の姿になっていた。
     11時:北比良峠に到着。標高は約1000m。
     眼下に琵琶湖が大きく見晴らせる。    
      
     11時25分:八雲ケ原。中腹にこんなに広い平原があるのには驚いた。
     ロープウエイが運行していたときはヒュッテがあったらしい。   
    
     12時:葉を落としたブナ林の隙間から武奈ヶ岳の頂上が見えだした。
     12時30分:頂上に到着。   
    

    北東には真っ白になった白山.。  東側眼下には釈迦ヶ岳1060mと琵琶湖。  南西には蓬莱山1174mが見える    

      
      やわらかい日差しと風もない頂上でのどかな昼のひと時を過ごし、13時20分から下山。

      途中、八雲ケ原で湿原に立ち寄った。立て看板によると何万年も前からある湿原らしい。
                
      日没までには下山できそうなので、金糞峠を周って北比良峠に戻ってくるルートに足を延ばした。
      周回に1時間ほどかかったが特に見るべきものはなかった。 16時50分下山。日没寸前だった。  
      
      帰りには少し下ったところにある日帰り温泉「比良トピア」で汗を流した。
      標高の割に奥深く、頂上からの見晴らしの良い山だった。日本200名山に選ばれているのも納得。  
     
  2010/9/26    2014/1/11
 近畿・北陸の山