釈迦ヶ岳1800m  

      奈良県吉野郡十津川村     ROUTE

      南阪奈道路葛城インターから国道24号、168号線を進み、旭口から林道を登って行き、標高約1300mの
      新登山口駐車場へ(葛城インターから約80km)。        

      2010/6/12 晴れ        MAP   
  
      コースタイム 往路 登山口-(120分)-山頂-(40分)-深仙の宿-(20分)-太古の辻        合計 3時間
               帰路 太古の辻-(30分)-深仙の宿-(50分)-分岐地点-(80分)-登山口      合計 2時間40分 

      梅雨入りは13日の日曜日からで、12日はいい天気が続くことが報じられたので、急遽、K君、I君と
      大峰山系の釈迦ヶ岳に行くことになった。

      奈良の山を踏破し続けているK君にすべてを任せて出発。

      朝4時半に高砂を出て、十津川村から旭新登山口に到着したのは8時過ぎ。
      200kmの道程だが、地道が100kmあるとやはり時間がかかる。

      8時20分:出発。標高はすでに1300mある。 
   
      登り始めるとすぐに尾根筋になり、新緑の緩やかな散策路のような登り道が続く。
      足元のバイケイソウの群落と、正面に釈迦ヶ岳山頂を見ながら気持ちよく歩いていく。 
 
      約1時間30分でキャンプ地と水場に到着し、ここから少し傾斜が増すと山頂は近い。 
   
      10時20分:釈迦如来像が立つ山頂に到着。  
   
      北側に大峰山脈が続き、その正面に最高峰の八経ヶ岳がそびえている。 
 
      10時40分:20分ほど休憩して、今日のゴールである太古の辻まで、前鬼へ向かう登山道を下っていく。
      K君は山頂から太古の辻までの間が未踏なので、今日はこのコースを歩くのが目的とのこと。

      旭からの尾根と違って急坂が続くが、シロヤシオの花が何処までも迎えてくれる。 
   
 
   
      振り返ると、旭からの尾根から見るのと違う、荒々しい姿の山頂があった。 
 
      西に目を転じると、旭からのゆったりとした尾根が続いている。 
 
      11時20分:峻嶮な大日岳や岩嶺に囲まれた、修行堂のある深仙の宿に到着。
   
      梅雨入りは13日の日曜日からで、12日はいい天気が続くことが報じられたので、急遽、K君、I君と
      大峰山系の釈迦ヶ岳に行くことになった。

      奈良の山を踏破し続けているK君にすべてを任せて出発。

      朝4時半に高砂を出て、十津川村から旭新登山口に到着したのは8時過ぎ。
      200kmの道程だが、地道が100kmあるとやはり時間がかかる。

      8時20分:出発。標高はすでに1300mある。 
 
      再びシロヤシオが咲く道を10分ほど下っていく。 
   
      11時40分:ここから南にいけば天狗山などの南奥駆道、東に下れば前鬼(ぜんき)登山口に降りられる
       太古の辻に到着し、ここで大日岳を眺めながら昼食休憩。 
   
      30分ほど休憩して同じ道を引き返す。山頂手前の分岐まで、やや急登の道を登り切るとあとは楽勝コース。

      緩やかな下りの散策路を、時々山頂を振り返りながら下りて行く。  
 
      歩いてきた太古の辻への尾根道ももう一度見る。 
 
      15時10分:登山口に到着

      釈迦ヶ岳は、自然林の散策路、花回廊、岩峰、大展望と、山歩きの楽しみを全て満たしてた山だった。 
   
 2011/1/22(観音岳)   2011/5/21(八経ヶ岳)   2012/5/20(稲村-山上)   2012/5/26(大普賢岳)
   
  近畿・北陸の山へ