明神山668m 

    姫路市夢前町     ROUTE

    中国自動車道福崎インターから県道23号線を山崎方向に進み、農業公園夢やかた駐車場へ。      

    2010/12/18 曇り     MAP 

    コースタイム 登り 駐車場-(70分)-8合目-(10分)-山頂     合計 1時間20分
            下り 山頂-(30分)-夢展望台-(60分)-駐車場    合計 1時間30分

    K君と夢前の播磨富士-明神山668mに登ってきた。
 
    10年ほど前、山歩きを始めたころに一度登ったが、最後がえらいキツかったことしか覚えていない。

    地道を走って1時間で農業公園夢やかたの広い駐車場に到着。駐車場から北側に三角錐の山頂が見える。
    主なコースとしてA、B、Cの3ルートあるが、Cコースから登ってAコースを降りるのが一番人気のルー
    トとのことなのでそれに従うことにした。

    9時30分:出発。  
   
    シカ除けの扉を開けてCコースに入る。
    最初は整備された階段を登るが、すぐに岩の多い道になる。 
   
    岩場は何回も現れるが危険なところはなく、 高度はあまり上がらないが遠くに見えていた三角錐の山頂
    が次第に近づいてくる。 
   
    10時:クジラ岩を通過。 
   
    10時20分:「がまん坂」の標識。
    この辺りから少し坂道になるが、十分がまんできる程度。 
   
    10時40分:8合目の八丁坂あたりからいよいよ急坂が現れる。 
   
    急なところはしっかりとロープをつけてくれているので安全に歩けるが、下りには使いたくないルートだ。 
   
    山頂まで急登が続くのかと思っていたら、9合目を過ぎるとユル坂になりすぐに山頂が見えてきた。 
    
    10時50分:山頂に到着。
    少し早い昼食をとっていると、続々と人が上がってきた。
    どうやら岩崎元郎さんが登って来られるのを聞いて皆さん登って来たらしい。  
   
    曇り空で視界が悪く、七種山がかろうじて見える程度なのが残念。 
  
    11時30分:じっとしていると寒くなってきたので下山。Aコースは登ってきたCコースより傾斜は緩い。  
   
    Cコースより変化は少ないが、岩場や展望地がアクセントをつけてくれる。 
   
    12時:Bコースとの分岐を通過。 
   
    少し歩くと次の展望地。 
    
    ここで展望を楽しんでいた常連氏に、山頂へ向かって長く続く尾根道を歩く大明神コースが面白いと
    教えてもらった。目で辿っても確かに面白そうだ。ただし、狩猟期を外して行くべしとのこと。 
  
    振り返ると姿のいい山頂と、歩いてきた尾根の全貌が見渡せた。 
 
    12時40分:そう言われればそう見える「マンモスの背」と表示がある細長い一枚岩を降りる。 
    13時:駐車場に帰着。  
   
    往復とも1時間半程度の行程だが、メリハリのある尾根道を辿り、最後の締め括りに山頂へ突きあげて
    行くのが何とも気持ちのいい達成感をもたらしてくれた。
      
    次はもっと面白いらしい大明神コースにチャレンジしたくなった。
   
 2012/11/21(大明神-AU)  2014/1/24(西尾根周回)  2014/2/1(T字尾根-Vキレット)
   
  播磨の山へ