蓼科山2530m 

     長野県北佐久郡立科町     ROUTE

     中央自動車道諏訪インターから国道152号線を通り、白樺湖を右折して県道40号に入り林道夢の平
     スカイラインで7合目登山口へ。 

      2007/9/24 曇り一時雨     MAP 

      コースタイム   登り 7合目登山口−(1時間10分)−将軍平−(40分)−頂上    合計 1時間50分
                下り 頂上―7合目登山口        1時間20分  

      24日には蓼科山に登った。

     蓼科山は諏訪湖の東、八ヶ岳の北側にそびえる
     2530mの山だ。
     諏訪富士と言われる端正な姿をし、100名山に選ば
     れている。

     写真は昨日霧ケ峰から写したもので、残念ながら霧
     に覆われてシルエットしか見えなかったが確かに富
     士山のように端正だ。

     標高1900mの所に7合目駐車場があり、ここから登
     ると高低差は600m位で2時間くらいで登れる。
     夜には家に帰るつもりなので、一番短いこのコース
     で登ることにした。  
 
     6時半に茅野市白樺湖畔にとった宿舎を出発。
     途中夢の平スカイラインへ入るのに迷いしばらくさまよったが、7時20分に7合目登山口に到着。
     7時40分から登り始めた。すでに先着車が4台停まっていた。 
   
      しばらくは針葉樹の中のクマ笹の緩やかな登り道が続く。 
   
       20分ほど歩くと次第に傾斜がきつくなる。石ころの道で歩きにくい。
   
      8時50分に2350m地点の将軍平に到着。
     ちょうど雨が降って来たのでここにある蓼科山荘の軒を借りてレインウエアを着る。
     天候は悪い方へ向かっているが登るしかない。 
   
      あと高低差180mの登りだが、ここからが急登だ。大きな石の上を足場を確保しながら渡っていく。
     しかし、こういう道は足場の確保に意識が集中するので案外面白い。 
   
     30分ほど登ると視界が明るくなって来たので見上げると「頂上にあと5分」の表示がペンキで書かれている岩が
     現れ、そこからちょうど5分で山小屋に到着。 
   
     さらに5分後に頂上に到着。頂上は野球が出来るほど広いが岩しかなかった。
     天気が良ければ八ヶ岳をはじめ、北アルプス、中央アルプス、南アルプスのすべてが見えるらしいが、全く見えない
     のが残念だった。  
   
   
   
      石ころばかり見ていても面白くないので早々に下山し、白樺湖畔の温泉で汗を流し今回の山旅を終えた。  
   
 2007/9/22御嶽山   2007/9/23木曽駒ケ岳   2007/9/23霧ヶ峰 
   
  関東・甲信越の山へ