駒の尾山1280m  

      岡山県英田郡西粟倉村     ROUTE    

      国道373号線西粟倉村、道の駅あわくらんど前の林道を登り、野鳥園(産水の郷森林浴公園)への進入路付近
      (路肩)に駐車。 


      2010/1/27 晴れ   MAP 

      コースタイム  登り  駐車地点―(10分)―野鳥園―(60分)―駒の尾山登山口
                    ―(100分)―山頂                               合計 2時間50分
                下り  山頂―(40分)―駒の尾山登山口―(50分)―駐車地点         合計 1時間30分 

      北の方の天候不順が続く中、27日だけ晴れるようなので雪の時に行ってみたいと思っていた駒の尾山にTさんと
      行ってきた。 

      7時に高砂を出発し、中国道作東インターから国道373号を北上し、道の駅あわくらんど前の林道を登っていく。
      氷点下4度の道はかなり凍結していたが、慎重に車を進めていくと野鳥園への進入路手前までは難なく到着。
      しかし、野鳥園までの路面状況が分からないので、分岐路の路肩に駐車して登ることにした。

      9時20分:出発。標高は約600m。   
   
      10分ほどで野鳥園に到着。野鳥園から30分ほどで「遊歩道起点」の標識が現れ谷筋の道になる。
      しばらくはほとんど雪がない道が続く。  
   
      林道ダルガナル線にぶつかる手前あたりから雪道になり、除雪されていない林道を少し歩くと駒の尾山登山口。
      登山口前の休憩所で小休止してアイゼンを装着。  
   
      10時50分:登山口に入る。標高は約950m。
      少し歩くと雪は約30センチくらいになったのでワカンも装着して登って行く。  
   
      白く輝き、緩やかな傾斜がつづく落葉樹の尾根道は気持ちがいい。
      11時30分:休憩小屋。  
   
      11時40分:展望台。標高は1150m。 
   
      展望台からは真っ白な大山が綺麗に見えた。 
 
      山頂が近づくにつれて雪が深くなるが、せいぜい50センチくらいでワカンの沈下も大したことなく登れた。  
   
      12時10分:山頂に到着。 
   
      山頂からは氷ノ山や三室山など360度の展望が楽しめた。 
   氷の山                           三室山
 
      避難小屋で昼食をとり下山。この日は結局誰にも出会わなかった。
      
      毎日登っている高御位山から北の方をると、段ヶ峰の積雪はなくなり後山もあまり白くなかったので、駒の尾山も
      雪は少なくなっているだろうとは思っていたが予想通り少なかった。

      おかげで野鳥園から登山口まで無雪期と同じペースで登れ、登山口からようやく雪山ハイクになったのであまり
      苦労せずに頂上まで行くことができた。 

      11日の登った赤谷山も約3時間の登りだったが、このときは汗びっしょりになりかなり疲れたのに、今回はかく汗も
      少なく余裕の下山。

      当然のことながら、雪道は深いほど疲れが大きい。 
   
 2007/3/18   2008/12/16   2009/5/27   2012/12/20  2015/6/10  2015/12/27  2016/3/2  2017/6/3
   
   中国の山へ 
  home