大 山1729m

      鳥取県西伯郡大山町   ROUTE

      米子自動車道溝口インターから県道45号線を通り夏山登山口横の南光河原駐車場へ。
      (駐車料金:スキーシーズンの平日は500円、休日は1,000円〜1,500円。普段は無料。)                 

     2015/ 3/8 晴れ       MAP     

     コースタイム 登り 登山口-(80分)-5合目-(80分)-弥山山頂                     合計 2時間40分
              下り 弥山山頂-(70分)-元谷-(30分)-大神山神社-(20分)-駐車場        合計 2時間

     前日は雨で翌日も雨予報の間隙を縫って、IHさん、Aさん、K君、IM君、FM君、Hさんの7人で出かけた。
     高砂を出るときから蒜山SA辺りまで曇っていた空も、8時20分頃、現地に着くとほぼ快晴。
     貴重な行楽日和の日曜日とあって、駐車場もスキー客で満車状態で、何とか1500円の屋内駐車場に滑り込んだ。
     9時10分:青白色に輝く大山を見ながら駐車場を出発。 
   
     9時20分:夏山登山口。1合目の標柱もほとんど雪の中。 
   
     3合目辺りまで登ると、前方からの日差しに綺羅びやかに輝く霧氷の樹林になった。 
   
     日差しに緩んで溶け落ちる氷片が、体に降り注いで心地よい。  
  
     三鈷峰も純白の花に飾られている。               雪が深てく6合目避難小屋は何処にあるか分からない。  
   
     神々しく光ったまっ白な剣ヶ峰ー弥山の北壁が近づいてくる。  
  
     振り向くと弓ヶ浜が綺麗に見える。  
  
     11時40分:6合目辺りからの急坂を登り切り、8合目を通過。  
   
     あとは広々としてゆるやかな雪原を、ゆっくりと登っていく。  
  
     エビの尻尾のオブジェを過ぎると、雪に埋もれた頂上避難小屋。  
   
     12時:大勢の人で賑わう弥山頂上に到着。山頂周辺の賑わいは夏山の様相である。  
   
     そして、剣ヶ峰への稜線が素晴らしい。  
  
     今年は雪が深くて歩きやすいので、剣ヶ峰への途中までナイフリッジの尾根を歩いて行った。 
  
     弥山を振り返る。 
 
     快晴無風の山頂広場でランチタイムを過ごしてから記念撮影し、13時20分、下山開始。 
   
     降りかけると、スノーボーダーが北壁を滑降するところに遭遇し、見ていると見事に滑り降りた。  
   
     その向こうに目を見やると、弥山に向って北壁を登っているパーティが見えた。  
   
     6合目を過ぎたあたりから夏道を外れ、急坂を元谷へ下る。  
   
     14時30分:元谷に降り立つ。ここから見る北壁も素晴らしい。  
  
     記念撮影してから大山寺に向かって下山。  
   
     15時:大神山神社。15時25分:駐車場に帰着。雪の大山は今年も違う表情を見せてくれた。  
   
     大山レークホテルで汗を流し、帰路で見上げるとまだ全貌を見せてくれていた。       
 
     そして、車で溝口インターへ向かう途中、伯耆富士の姿も見ることが出来た。
 
     今年も素晴らしい大山満喫の一日だった。 
   
    2006/10/29  2008/10/28  2009/3/12  2011/4/5   2012/3/29  2012/10/27(三鈷峰)  2013/3/6  2014/10/25  2014/3/17  2015/5/15(烏ヶ山)  2015/10/25(三の沢)  2016/2/28  2017/3/4  2018/3/3
   
  中国の山へ