赤谷山1216m

     宍粟市波賀町戸倉    ROUTE

     国道29号線を北上し、新戸倉トンネル手前のチェーン脱着場に駐車。                   

     2016/2/10 晴れ     MAP     

     コースタイム 登り 駐車地点-(70分)-登山口-(45分)-p1010m-(60分)-山頂      合計 2時間55分
              下り 山頂-(55分)-登山口-(40分)-駐車地点                 合計 1時間35分

     yamayaさんのヒマ山隊12人で登る。
     10時30分:標高約700mの駐車地点を出発し、新戸倉トンネル入口の右手から、スノーシューを装着して取り付く。。  
   
     林道を一部ショートカットしながら登り、11時、旧戸倉トンネル入口前を通過。  
   
     新雪が50cmほどあり、トレースが消えているので交代でラッセルしながら登っていく。
     11時40分:1時間10分かかって登山口に到着。       
   
     登山口からの急坂が最大の難所で、Kさんが悪戦苦闘しながらルートを切り開いてくれた。  
   
     尾根歩きは雪の少ないところもあり、12時25分、1010mピークに到着。ここで昼食休憩とする。  
   
     12時45分:1010mピークを出発し、13時15分、1143mピークを通過。。  
   
     13時35分:頂上手前のピークまで登ると、樹氷の森になった。
     今日は見れないと諦めていたので感激もひとしおである。       
   
     白い衣を纏った樹々の間を歩いて行く。       
 
     日差しが射すと一層華やぐ。  
  
     あと一息。  
   
     13時45分:360度に展望が開けた山頂に到着。  
   
     北側には氷ノ山が雄大な稜線を広げている。  
  
     東には須留ヶ峰から三久安山までの山並み。  
  
     その右手の南西方向には、樹氷で光る尾根の向こうに一山や阿舎利山。  
  
     そして、南西には三室山が近いが、山頂は雲に隠されていた。  
  
     14時10分:穏やかな山頂でしばらく眺望を楽しんでから下山。  
  
     登りと同じ道を下り、15時45分、駐車地点に帰着。
     爽快な新雪歩きと素晴らしい眺望を満喫した1日だった。  
   
2009/12/1   2010/1/11   2010/5/9   2013/1/6  2014/12/15  2015/2/25   2017/1/7
   
  播磨の山へ