千ヶ峰1005m   

      多可郡多可町加美地区    ROUTE

      国道427号線を北上し、加美地区門村で左折して三谷登山口へ。  

      2009/1/16 曇り    MAP

      コースタイム   登り  登山口―頂上         1時間30分
                下り  頂上―登山口             40分 

      今日はTさんと千ヶ峰に登ってきた。

      昨日の打ち合わせでは一宮町の杉山を予定していたが、天気情報では一宮方面は昨夜も雪が降った模様なので、
      安全のため急遽千ヶ峰に変更した。

      道中、どの登山口から登るか相談しているうちに、見晴らしがいい市原から登ってみようということになった。
      これが間違いだった。

      市原登山口までの林道を登って行くと、はじめはあまり雪が積もっていなかったので駐車場まで行けそうに思えた。
      車の轍もありその上をなぞっていったが標高400mあたりから雪が10cmほどになり、少しハンドルを取られはじめた
      と思ったら後輪が横に振れ、あえなく脱輪。左後輪が側溝にはまってしまっていた。
      3時間の悪戦苦闘の末ようやく復旧したが、時刻は11時半になっていた。

      市原を諦め、12時に三谷登山口に到着。
      こちらの道にはほとんど雪はなく、すでに5台の車が止まっていた。
      車の中で弁当を食べ、12時半から登り始める。  
   
      登山口にはほとんど雪はなかったが、登り始めるとすぐに10cm位の雪道になった。
      踏み跡もあるのでつぼ足でも楽に登っていける。  
   
       しかし、杉林から落葉樹林に変わっていくところまで来ると積雪は50cmくらいになり、滑り始める。 
   
       標高約800mの岩座神登山口からの合流地点で、アイゼンとワカンを装着。足元がしっかりし滑らなくなった。 
   
      最後の急登を登る。   
   
       13時15分:頂上に到着。
      途中で5人の方とすれ違ったが、頂上には誰もおらず我々だけ。
      頂上は30cmくらいしか雪がなかった。 
   
 北側に白くなった粟鹿山。   南側に笠形山。
   
      しばらく景色を楽しみ、14時40分から下山。
      アイゼンだけを付け、滑るように下りる。
      途中で先行の4人に追いつき、15時20分、駐車場に帰った。
 
      予想より雪が少なく、最初のアクシデントにもかかわらず、早く下山できた。 
   
 2005/2/9(三谷)  2008/1/3(七不思議)  2008/2/11(七不思議)   2010/5/16(三谷)   2010/10/24(縦走)
    2011/11/1(市原)  2014/2/23(新七不思議)  2015/1/14(新七不思議)  2017/1/4(三谷)  2018/1/18(市原)
   
  播磨の山へ