氷ノ山1510m  

     鳥取県八頭郡若桜町     ROUTE

     国道29号線を若桜町で国道482号線に入りわかさスキー場駐車場へ。  

     2009/3/5 晴れ    MAP

     コースタイム  登り  駐車場‐(20分)‐リフト最上部‐(1時間)‐三ノ丸‐(1時間)‐頂上   合計 2時間20分
               下り  頂上‐(1時間)‐氷ノ山越‐(50分)‐舗装路‐(30分)‐駐車場     合計 2時間20分 

     今日は氷ノ山に登ってきた。

     3週間も天気の悪い日が続き、なかなか山に行くチャンスがない。
     今日は何とか天気が良いようなので、初めは駒ノ尾山に行こうと思っていたら、朝起きると予想以上の
     晴天で夕方まで続くようなので、急遽氷ノ山に変更して出発した。

     正解だった。
     下山するまで晴天が続き、大山まで展望できる、久しぶりにワクワクする山歩きを堪能してきた。

     あさ6時30分に高砂を出発し、9時10分氷ノ山わかさスキー場駐車場に到着。
     準備を済ませ、登山届を提出して、リフトで終点まで上がった。標高は約1200m。  
      
      9時40分から登頂開始。30分ほど少し急登の狭い尾根を登って行く。 
   
       9時40分:標高1300m位まで登れば広くなだらかな登りになった。
   
        左手には今から向かう氷ノ山頂上が綺麗に見える。 
 
        振り返れば遠くに那岐山がくっきり。 
 
      主尾根に出て三の丸に向かって登っていく。
      雪は締まっていてスノーシューはほとんど沈まないので軽快に歩ける。 
   
      真っ白な雪原が続く。 
        三の丸が見えてきた。 
 
      10時40分:三の丸1464mに到着。 小休止して、すぐ山頂に向かう。 
      
       11時10分:山頂が近くなってきた。       高度差100mほどの急斜面をゆっくりと登って行く。 
 
      11時40分:頂上に到着。よく晴れて扇ノ山が近くに見える。 
   
      避難小屋に入ると神戸からの青年が一人、食事中だった。
      東尾根から登ってきたという。向こうからも2時間くらいで登れたようだ。
      12時10分:食事を終え、天気もいいので氷ノ山越から降りることにした。  
 
      コシキ岩を周って降りるのが難所と聞いていたが、やはり難所だった。
      30度以上ありそうな傾斜をトラバースしていくが、10cmくらいの新雪の下に氷結層がありスノーシュー
      では歯が立たない。
      途中でアイゼンに付け替えたが6本爪しか持ってこず、慎重に降りなければ滑り出す。
      ゆっくりゆっくりと進み、無事コシキ岩を回り込んだ。 
   
      しばらくセッピが張り出した痩せ尾根を進んでいく。 
   
      13時10分:氷ノ山越に到着。  
   
      ここからがまたしばらく植林地の急傾斜。
      慎重に足を運び、響の森の施設が見える緩傾斜のところまで降りて行った。 
   
      14時:氷山命水のある舗装路に無事降りてきた。
      ここから30分ほど舗装路を歩き、スキー場の駐車場に到着。

      好天に恵まれ、雪も締まっていて、予想より早く下山できた。
      コシキ岩と氷ノ山越を下るのが難所だったが、久しぶりに雪山を楽しめた。 
 
 2003/5/4(福定)  2008/10/12(わかさ)  2009/5/10(福定)   2010/2/21(わかさ)  2011/2/27(わかさ)
  2011/3/27(東尾根)  2012/3/14(わかさ)  2012/11/18(大段平)   2013/2/25(わかさ)   2013/9/14(大段平) 
  2014/4/2(東尾根)  2014/5/31(福定)  2015/2/16(わかさ)  2015/4/8(東尾根)  2017/2/18(わかさ)
2018/2/17(わかさ)  2019/2/2(わかさ)
   
  中国の山へ